徹底比較!おすすめの英単語帳【③長文読解型・語義理解型編】

淡々と単語を覚えるだけではつまらない、フレーズや例文で学習するのも物足りない、そう感じている人におすすめの英単語帳を紹介しよう。

 

長文読解型の英単語帳は、単語を長文のなかで確認しながら学習できるため、活用や意味・文脈での生かし方まで確認することができる。

志望校の英語試験に長文読解が出題される場合は、単語の知識と同時に読解力も身につけておきたい。

 

この記事では、Answerzがオススメする『長文読解型』『語義理解型』の英単語帳を4冊紹介する。

 

周りより一歩進んだ英単語勉強法で、ライバルとの差をつけよう!

 

 

長文読解型の特徴

文脈によって、英単語が実際にどのように使われるのかを把握できるタイプ。

英単語帳に長文が収録されているパターンが多い。

 

メリット

〇英単語を長文読解でアウトプットすることで、実践力が身につく

 

デメリット

✕ある程度の英語力を持っていることが前提

 

■志望校別比較

速読英単語

(上級編)

リンダメタリカ Core1900 速読英単語

(必修編)

旧帝大
早慶上智
国公立
GMARCH
関関同立
中堅大

 


速読英単語【英単語と長文読解を同時に特訓】

出典:amazon.co.jp

速読英単語(通称:速単)は、単語の勉強をしながら同時に長文の特訓をしたい人におすすめの英単語帳だ。

 

文法力や読解能力に不安がある人は、単語を覚えるのに少々時間がかかる。

しかし、長文読解の練習が同時にできるため、周りと一歩差がつく単語学習ができる!

 

長文は全て暗記する必要はない。

 

英単語を8割程度覚えたら、長文読解にチャレンジし、英単語力がついているかどうか確認する使い方がオススメだ。

 

種類は3つ!

高校入門レベルの『入門編』

センター試験レベルの『必修編』

早慶・国公立大レベルの『上級編』

 

受験で活用するのであれば、『必修編』と『上級編』がおすすめだ。

 

約55の大学と近年のセンター試験を分析し選出された単語で、直接得点に繋がる英単語を学習できる!

 

■Answerzの評価

■速読英単語の活用方法

①まずは赤シートで訳中の赤字を消しながら長文を読み、これから学習する単語の意味を推測

②読み終えたら訳を確認して単語を覚える

③再び長文を読み返す

 

単語の意味が分かった後に再び長文を読み返すことで、定着度がUP!

単語を覚えながら速読力を同時に鍛えることができるので、まさに一石二鳥。

巻末には英文解説もあるので、疑問点も解決できる。

 

『必修編』は高2〜、『上級編』は高3の夏休み明け~入試直前までの期間で活用すると、英単語を網羅できる。

早慶上智・難関国立大を目指すのであれば、夏休みまでには『上級編』を終わらせる計画を立てよう!

■メリット、デメリット

 ■メリット

〇長文の速読力や読解力も身につく

〇例文集も付録されている

〇早慶でも偏差値60前半の学部であれば『必修編』で対応できる

 

■デメリット

✕単語の学習にフォーカスしたい場合は効率的でない場合も

✕長文が苦手な場合難しい

✕上級編は非常に難しい例文を使って英語を覚えるので、基礎力がない人には不向き

 

■到達レベル

必修編:センター試験、関関同立、GMARCH

上級編:早慶上智、東大京大といった難関国立大

 

■こんな人におすすめ

・速読力をつけたい人

・英語が得意な人

・難関私大志望でさらに語彙力が必要な人

 

話題別英単語 リンガメタリカ【テーマ毎の知識を蓄える】

出典:amazon.co.jp

リンガメタリカは、

1.入試によく出る背景知識解説

2.フレーズで単語を暗記

3.実際に出題された入試の長文

 

の3つが1セットになっている英単語帳だ。

 

長文のテーマは全部で、

グローバル化・経済・社会問題・環境問題・科学・医学・生命倫理・言語論/心理学・インターネット・差別問題・テロ/死刑論/哲学

の11章構成となっている。

 

いわゆる英単語帳というよりは、長文を読んで背景を捉えることで単語の意味を確認する英単語帳で、長文の参考書のようなイメージである。

 

長文は主に、難関国公立や難関私立の入試問題から引用。

難関私立入試で出題されやすい多義語や派生語の記載もあり、なかなかやりごたえのある英単語帳だ。

 

大学での教養学習や人生に役立つような内容など、大学受験後を見据えた内容が多いためじっくりと精読する価値のある文書が多いのも特徴の一つだ。

 

■Answerzの評価

■リンガメタリカの活用方法

①背景知識解説を読み、テーマ特有の表現を合わせてチェック

②知らない単語をチェックして意味を確認、何度も見て覚える

③長文読解問題を解く気持ちで、要点を意識しながら英文を読む

④日本語訳を見て、語句や構文を確認

⑤英文を音読する

 

単語を文章中で覚える形になっている英単語帳なので、長文読解力と英単語の知識を同時に身につけていこう!

 

2冊目として選んだ人は、長文読解から始め、わからない単語をその都度確認していく方法が効率的。

テーマを手がかりに英単語の意味が瞬時に分かるようになると、かなりの英語力を身につけられているという証拠!

 

■メリット、デメリット

 ■メリット

〇単語の知識だけではなく、長文読解の力を養うことができる

〇テーマごとに専門知識や専門用語を身につけることができる(特に医学系)

〇英作文にも活用できる例文が掲載されている

 

■デメリット

✕専門性の高いテーマが多いので、英文法や一般教養などある程度の力が必要

✕ボリュームが多く、挫折する恐れがある

✕特定のテーマが出る大学以外の受験生には不向き

 

■到達レベル

難関私立〜国公立二次試験

早慶の入試にも対応可能

 

■こんな人におすすめ

・早慶などの難関私立の過去問を解いてみて、語彙力不足を感じた人

・難易度の高い長文をどんどん読んでいきたい人

 


Core1900【英単語と長文読解を同時に特訓】

出典:amazon.co.jp

 

Core1900は、英字新聞から抜粋した長文の中で英単語を学習する英単語帳だ。

 

Coreを使えば、

『速読』『速聴』『単語』『熟語』『時事知識』

 の5つの力を鍛えられ、かなり効率よく英語力をつけることができる。

 

冒頭5ページにわたって、英語の勉強法が載っているので参考にしよう。

 

全体は、

Part1:環境・教育・政治・国際情勢・司法・科学・テクノロジーの8つの分野から英文を選定

Part2:テーマ別に158本のショートパッセージを収録

 

といった構成で分類されている。

 

専門的な話題が多いので、英文を読むことでテーマごとの知識を身につけられるのも大きな特徴。

英文の中で単語を覚えていくため、文章中の代表的な使い方など多くの情報と関連付けながら覚えることができ、効率が良い。

 

見開き1ページの、

左側に100〜150字程度の英文・語句・構文説明

右側に英文の日本語訳と次のページで使用される英単語・英熟語

が載っている。

 

付属のCDを使えば、オーバーラッピングやシャドーイングもできるため、リスニング力やスピーキング力も同時に磨くことができる。

 

■Answerzの評価

■Core1900 の活用方法

①記事を読解

②英文を見ながらCDを聴く

③英文を読む

 

シンプルなやり方だが、英単語の意味を暗記するというよりも英文の中で意味を理解していくことを意識すると良い。

つまずいたら意味を確認する程度で、何度も何度も繰り返し読むことが大切。

繰り返すことで、自然と単語が定着していく。

 

■メリット、デメリット

 ■メリット

〇最新の話題がトピックとして扱われるため、自治問題への対応が可能

〇赤シートで意味を確認できる

〇読み下し訳と通常訳の両方が掲載されているので、スラッシュリーディングの力をつけやすい

 

■デメリット

✕英文法の知識をある程度持っている必要がある

 

■到達レベル

TOEIC600~800、英検2級〜準1級

 

■こんな人におすすめ

・英文を使って単語力をつけたい人

・ある程度の文法力を持っていて、単語や熟語の力をつけたい人

・受験校の入試の傾向に、テーマ性のある英文が出題される人

 

 

語義理解型の特徴

『鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁』が代表的な英単語帳である。

 

 ■メリット

〇単語ひとつひとつの広い意味を理解し『英語→日本語』に頭で変換することなく、

 『英語→英語』で理解することができるようになる

 

■デメリット

✕一定の基礎力がなければ、理解するのに時間がかかる

 

鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁【東大英単語のバイブル】

出典:amazon.co.jp

単語の意味だけではなく、単語が持つニュアンスを掴むことを理解しながら進めることができる単語帳。

語義を理解するために、イラストなどの資料も非常に丁寧に作り込まれている。

なので、使い分けが難しい英単語も理解が可能だ。

 

しかし、これが大のメリットであり、デメリットにもなり得る。

なぜなら、単語のボリュームもあるが解説用の資料やイラストが豊富だからだ。

単語帳自体も非常に重く分厚い。

 

ある程度単語の知識が完成されている必要があるため、1冊目にこれを選択するとかなりハードルが高くなる。

内容も濃く、量も多いので、挫折しやすい。

 

しかし、ターゲットやシス単で基礎力をつけた上で鉄壁も完璧に仕上げられたら、単語力は無敵で怖いものは何もない。

 

■Answerzの評価

■鉄壁の活用方法

①単語や説明、派生語などを読む

②単語を覚える

③Review Testで定着率を測る

④間違った単語をチェックし、覚える

 

この工程を、セクションごとに取り組もう!

何度も繰り返すことで、定着率UPに確実につながる。

 

■メリット、デメリット

 ■メリット

〇難関大を目指す人にとっては非常に完成度の高い英単語帳

〇語義を深く理解し、単語の持つニュアンスがわかるようになるので日本語の意味を単純に覚えるよりも英語の応用が効くようになり、大きな力になる

〇入試に出る可能性のある難易度の高い英単語も覚えられるので、難関大を受験する学生には最適

 

■デメリット

✕他の単語帳に比べて1周するのに時間を要するため、時間に余裕がない人には向かない

✕ボリュームが多いので、根気強い人じゃない限り挫折しやすい

✕普段から持ち運ぶ必携本である単語帳にしては、分厚く重い

✕基礎力がないとかなり苦痛

 

■到達レベル

旧帝大や早慶上智など、難関大の受験生にも大きな力の差を見せつけられる程の単語力をつけられる。

 

■こんな人におすすめ

旧帝大や早慶上智などの難関大学の受験生以外は、手をつける必要がない。

英単語帳を1冊完璧に仕上げている人にとっては良書だ。

1冊(85%以上)覚えていて、受験までに時間に余裕があれば手を出してみるのもいいだろう。

ただし、覚えるのに時間がかかるので他の科目に割く時間との兼ね合いも、よく考えよう。

 

英語の点数アップは英単語がカギ!

英単語帳にたくさん種類があるのは、それぞれの英単語帳が異なった役割を果たしているから。

 

キミの志望校や学習スタイルによって、最適な英単語帳は一人ひとり異なる。

 

英語の点数に伸び悩んでいる、なかなか偏差値が上がらない、そういった場合は、まずは英単語の学習から見直してみよう。

英単語のボキャブラリーは多ければ多いほど有利になる。長文読解のスピードや英作文のクオリティも上がる!

そのためにも、英単語帳は絶対に必要不可欠。

 

志望校目指して頑張るなら今すぐ英単語を覚えよう!

 

 

★あわせてチェック
徹底比較!おすすめの英単語帳【①単語列挙型編】
徹底比較!おすすめの英単語帳【②フレーズ暗記型・例文暗記型編】

 

RIBRAのオンライン家庭教師
RIBRAのオンライン家庭教師は、現在無料体験学習受付中!他にはない、特別なオンライン授業で目標達成を目指す。

>参考書

参考書

参考書が世の中に多すぎて自分に合うものが分からない。そんな悩みを一から解決!志望校を合格するために必要な参考書、志望校合格者の利用していた参考書など、具体的に紹介していく。

CTR IMG