合格した大学生に聞いた!高1の冬に使いたいおすすめの英語参考書

合格した大学生がオススメする、高1の冬に最適な英語の参考書を紹介しよう。
高校生向けの英語の参考書は本当に多い。その中から自分に合った参考書を選び抜くのは至難の業だろう。

 

そこで今回、Answerzがキミにオススメする参考書を紹介する。是非参考書選びの役に立ててほしい。

 

それぞれの参考書の特徴やオススメの使い方も載せているから、参考にしてほしい。

 

 

 

難関大に合格した先輩に聞いてみた

英語の勉強の目的のひとつは、もちろん入学試験に合格すること。

入試で点数を取るためには、入試の出題傾向をよく知ることが大切だ。出題傾向を知ることで、自分がどんな勉強をしないといけないのか、どのレベルまで達すればいいのか、そのような疑問を解消できるし、勉強効率も上がるだろう。

 

そして何より、自分の苦手なところや理解できないところを見つけ、それを克服することが、合格への大きな一歩となる。

 

自分が入試で力を出せるよう、今の時点から慣れておくことと、次々に習う内容を復習して定着させることが大切だ!

 

総合英語 Evergreen

出典:amazon.co.jp

イラストが多く、見やすく分かりやすい。

文法解説が簡潔に書かれており、英語が苦手な人でも理解しやすい。

例文等の英単語レベルが簡単で、文法の勉強に集中できる。

 

以上3つが、総合英語 Evergreenの特徴だ!

分かりやすく簡潔に書かれているから、基礎力を上げるのにはもってこいだ!

 

そして、高1の冬の時点で、入試レベルの英単語まで勉強している人はほとんどいないだろう。この参考書は簡単な英単語が多めだから、そんな人でも文法の勉強に集中できるつくりになっているぞ!

さらに、各単元がパート別に分かれているから(Part1これが基本 Part2理解する Part3深く知る Part4確認する)、自分の実力や進度に応じて、使い方をアレンジできる点でも魅力的だ。

音声ファイルも無料でダウンロードできるから、これ一冊で勉強の幅が広がるぞ!

■Answerzの評価

 

やっておきたい英語長文500

出典:amazon.co.jp

この参考書は、大学入試標準レベルだと言える。

 

この参考書の特徴は、ほとんどの問題が記述式だということ。入試に対応できる力を養うには、記述式の問題でトレーニングすることが重要だ。センター試験や私立大学入試など、記号問題のみが出題される入試もあるが、力を身につけるには記述式の問題に触れることが一番だ。

 

この参考書で記述式問題によるトレーニングをしておけば、センター試験8割は簡単で、2次試験の英語で周りに差をつけることだって可能だ!

まずは自分で問題を解き、丸付け。その後解説を読み込み、自分が間違えた理由をしっかりと把握する。そして最後にもう一度文章を読むと、長文読解力がグングン上がるに違いないだろう!

 

■Answerzの評価

 

高校英文法基礎パターンドリル

出典:amazon.co.jp

中学レベル〜高校基礎レベルまでを復習できる優れものだ!このドリルの特徴は以下の2つだ。

 

シンプルな問題構成であり、1単元に要する時間が短く、続けやすい。

ページ数が多くないため、すぐに1周できる。

 

そのため短い時間で復習ができる。自分では気付けない中学レベルの穴を見つけられるから、高校レベルの勉強もしやすくなるだろう!

1冊に含まれる問題量が少なく、これだけで色々な問題に触れることはできない。基礎を確認するために使ってほしい。

 

■Answerzの評価

 

センター試験のツボ 英語リスニング

出典:amazon.co.jp

大学受験生の中には、「英語に自信があるけど、リスニングだけは自信がない…難しい…」という人がたくさんいる。英語のセンター試験は、配点の20%がリスニングだから、高1のうちからリスニングに慣れておくことが本番で高得点を取るための必須条件だ!

 

この参考書は、英語リスニングの参考書の中ではもっともシンプルだから、勉強もしやすいだろう。

 

付属のCDには、センター試験本番と同じスピードの音声だけでなく、遅い音声も付いているから、これからリスニングの勉強を始めようと思っているキミにとって、始めやすい参考書だ。本番のスピードについていけないなら、まずは遅い方の音声を使って勉強を始めることをオススメする。

 

また、リスニング問題の解説だけでなく、その問題においてポイントとなる知識もまとめてくれているから、英語力アップに繋がるぞ!

リスニングのちょっとしたコツなどもまとめてあり、役に立つだろう。

 

■Answerzの評価

 

高1の冬は土台作りが重要

高1の冬は、全く焦る必要はない。入試まで2年と、時間はたっぷりある。

高1の冬で大事なのは、「土台作り」だ。この時期に基礎の勉強をおろそかにしてしまうと、これから習うレベルの高い内容に着いて行けなくなる可能性が高い。

入試を意識した問題に慣れることや、中学レベルの内容を含め、これまでに習った範囲を復習することが大切だ。

是非、今回オススメした参考書を有効活用し、これからに繋がる勉強に力を入れてほしい!

RIBRAのオンライン家庭教師
RIBRAのオンライン家庭教師は、現在無料体験学習受付中!他にはない、特別なオンライン授業で目標達成を目指す。

>参考書

参考書

参考書が世の中に多すぎて自分に合うものが分からない。そんな悩みを一から解決!志望校を合格するために必要な参考書、志望校合格者の利用していた参考書など、具体的に紹介していく。

CTR IMG