現役合格(産近甲龍)目指すなら。高一の冬(2-3学期)にやっておかないと後悔すること

今、産近甲龍を目指しているキミ!現役合格を目指すなら高一の冬が大切だ。

一年生で習ったことを復習したかどうかで志望校が決まってくるからだ。

そうは言ってもなかなか時間が取れないなと思っていると後悔するぞ。

最低限やっておいたいことをチェックしておこう。

 

人気の産近甲龍!高1からの対策が重要

産近甲龍は高1から英語対策しているかどうかが受験において非常に大切になる。他の科目なら単元があるから得意や不得意分野ができやすいが、英語は言語だから基礎ができないとその上に何も積みあがらない科目だ。

 

だから、高1で復習すれば必ず後が楽になる。高3になってから英語を最初からやるのでは時間がかかって仕方がない。これは中学で経験済の人もいるのではないか?一般動詞がわからないのに3人称単数や過去形にはいけないだろう。それと同じで高校でも1年生から対策しておかないと絶対に後悔する。

 

受験生になればより本格的に対策をしてただでさえ暗記が倍以上に増えるのだから、高1のうちはせめて復習だけは絶対にしておこう。これこそが英語で点を取る必修法だ。難しいフレーズを先取り暗記する時間がないなら、今は徹底した復習をしよう。

志望校の受験科目や偏差値をチェック

今キミの志望校はどこだろうか。産近甲龍の中のいずれかを受験するのであれば、今から受験科目や偏差値をチェックしておこう。もちろんキミが受験する時には多少の変更があるかもしれないが、現状を知って傾向を見るだけでも対策は変わってくる。

 

例えば、学校に推薦制度があって、それを取れば必要ない科目が出てくるのであれば、最優先すべきは絶対に必要になる科目だ。大学は本当に様々なシステムがあるからどの方法で受験するのかをシミュレーションしておこう。共通テストで入るものもあれば、共通テストとその大学が作る専用入試の結果を50%ずつ参考にするもの、その大学専用の入試試験を100%採用するものなどがある。すべった時のことも考えながら絞るべき科目を精査しよう。

 

偏差値も見ておきたいところだが、これは大学別で表記してもあまり意味がない。学部、学科によって大きな差があるからだ。今興味がある学科の偏差値を見て、自分の模試結果と照らし合わせてみよう。これで何にどれくらい力を入れれば良いかわかるはずだ。

 

受験科目の対策計画を立てよう

自分が志望する大学の受験科目がわかったら、その対策計画を立てよう。受験までの長期対策計画と、1ヶ月単位、1日単位などの短期対策計画を立てると上手く行く。

 

例えば、志望大学の受験科目で英語と国語が必須だとしたら、まずはそれを最優先させてどの科目よりも長い時間取り組む計画を建てるべきだ。

 

長期対策計画・・・高2までに英語文法書を3周、古文解説本を2周する。高2から高3までは復習に当てる時間を毎日2時間、予習に当てる時間を毎日1時間作る。

短期対策計画・・・毎日22時~24時まで1時間ずつ英語と国語を復習する。その日に習った文法箇所をもう一度解く。

 

こんな感じで、具体性のある計画を立てよう。少々崩れてしまっても気にしないのがコツだ。完璧主義だと一度崩れたものをダメだと思い込んでしまうから、適度に守るくらいが丁度良い。

 

高1冬で英語の苦手をなくす!

英語が苦手、もしくは英語の文法の中で苦手があるという場合は、高1の冬でその克服をしておくべきだ。

前述したように、英語は言語だから後から復習するとなると最初に戻らなければ難しい場合がある。自分ではできていると思っていても、知らないうちに忘れてしまっている箇所もあるはずだ。

後からの挽回が難しく、かつ理系学科を選んだとしても受験科目として免れきれないことが多い英語はとにかく要注意!高1での復習を怠ると絶対に後で余計な時間を使うことになる。

特に、単語を覚えていないまま勉強をすると辞書を引く手間がかかって時短にならない。ということで、以下におすすめの単語帳を紹介しよう。

 

産近甲龍志望の高1にぴったりの英単語帳

出典:amazon.co.jp

英会話でよく使う単語と、大学入試でよく出てくる単語は違う。だから、大学入試をよく分析して頻出される単語に絞ってある単語帳が必要だ。そこでおすすめするのが「システム英単語Basic」だ。これは基礎編になるが、英語の苦手克服や高1からの学習に丁度良い。

 

英語の必勝法と言えばやはり語彙力になってくるから、単語帳は大学入試の分析力が高いものをいつも持ち歩こう。高校受験のようにはいかないからこそ、最低限基礎単語は暗記しておかなければならないぞ。

 

最初は1語につき1つの訳から覚えていっていい。単語には複数の意味があるが、最初の1週はメインの意味を覚えると効率的だ。

RIBRAのオンライン家庭教師
RIBRAのオンライン家庭教師は、現在無料体験学習受付中!他にはない、特別なオンライン授業で目標達成を目指す。

>参考書

参考書

参考書が世の中に多すぎて自分に合うものが分からない。そんな悩みを一から解決!志望校を合格するために必要な参考書、志望校合格者の利用していた参考書など、具体的に紹介していく。

CTR IMG