【大学受験】高1生必見!今からできる難関大受験準備

「難関大に入りたいと思っているけど、まだ高1だし何もしなくても大丈夫だろう」
このように思って日々の勉強を怠ってはいないだろうか。

早慶や国公立上位、医学部など偏差値65を超える大学を志望しているキミにとって、高1だから大丈夫という考えは甘いぞ!実際に進学校に進学した先輩のライバルたちは、今からもう勉強を始めていたんだ

高2になってから、3年の夏休みを迎えてから、といっていると時間はあっという間に過ぎてしまう。受験勉強は日々の積み重ねだ。一長一短で成績が伸びるほど甘くはない!本当に難関大を目指すのなら、1年生の今から十分に対策を積んでいく必要があるんだ。

 

とはいえ、高1のキミには無限大の可能性がある。高1の今からコツコツ勉強していれば、今偏差値が50ほどでも難関大合格は十分可能だ!高1のキミは何よりもたくさんの時間がある。この時間を使って基礎力を高めていってほしい。

そこで今回は、高1のキミを対象に今からできる難関大の受験対策を紹介する。コツコツ積み重ねていくことでライバルに差をつけよう!

偏差値65以上の難関大に合格したいなら、受験科目の基礎力は必須

大学受験で最も重要なことがなにかわかるか?

答えは基礎力だ。これは偏差値50の大学を目指す生徒にも、偏差値65以上の難関大を目指すキミにも共通していることなんだ。

 

特に難関大は、問題のほとんどが応用問題となる。

応用問題を解く時に、基礎力がなければ手も足もでないことになるだろう。

 

まず手を付けてほしい科目は、文系なら英語、理系なら英語に加えて数学だ。

英語と数学は、大学受験に必須であるうえに成績が伸びるのに時間がかかる。

だから高1の時間のあるときから取り組んでほしいのだ!

 

英語は「単語」「英文法」、数学なら学校で使う教科書や定期テストを完璧にしたい。

これらを早い段階で身につけたかどうかで、受験の結果は大きく変わってくるぞ!

 

次の章では、基礎力を上げるにはどのような勉強を行うとよいか、具体的に紹介する。

 

英語の基礎力アップ方法

文系・理系それぞれに関わる英語は、大学受験の必須科目。

得点比率が高くなることが多いのも特徴だ。

そのため、英語が苦手という状態は、難関大受験において許されない!確実に基礎固めしていこう。

英語の勉強法

英語の勉強は、「英単語、英文法、英文解釈、長文読解」の順番にステップアップしていくのが重要だ。

小さい子供が言葉を覚えるとき、「ママ」から「ママ、〇〇食べたい」というようにステップアップしていく。英語を母国語としない我々も同じだ。まずは単語から入り、文章として読めるようにしていこう!

 

英単語はとにかく覚えることだ!難関大学では、合格までに平均して5000語必要だと言われている。できれば6000語ほど覚えたい。覚え方は各自が覚えやすいやり方でよいが、最終的には5000〜6000語必要だということを考え、逆算して覚えていこう。

 

英文法は、後の長文読解に不可欠だ。「SVOCM」という言葉は聞いたことがあるだろう。それぞれ主語、述語動詞、目的語、補語、修飾語の頭文字を取ったものだ。これらを完璧に理解するように勉強しよう。SVOCMが理解できれば、基礎的な文章なら直感的に、応用問題でも難なく読めるようになるだろう。

 

英単語と英文法が理解できたら、英文解釈や長文読解などに手を出してもいい。早い段階で長文読解に慣れれば、受験期により難易度の高い問題に取り組めるため、確実にアドバンテージとなる。高1のうちは基礎的な長文でよいから、読んでみるとよいだろう!

英語の勉強に失敗しないために

英語は繰り返しだ。もし英文法などで分からない点があれば、曖昧なままにせずに早いうちに解決しよう。理解できていない部分があると、あとあとになって影響してくる。

参考書を使用したり、先生に聞くなどして確実に解決していこう!

 

 

数学の基礎力アップ

理系のキミにとっては、英語と並んで数学も最重要だ

理系の場合、英語よりも数学の配点が高いことも多いため確実に得点していきたい。

なお、近年の入試では文系でも数学を選択できることが多い。
文系数学は、理系に比べて問題の難易度が低い傾向にあり狙い目だ。もし数学に抵抗がないのなら、文系のキミも勉強してみるといいだろう!

数学の勉強法

数学の勉強でも、大切なのはやはり基礎だ。受験問題では応用問題が出されるが、基礎ができていないと手も足も出ないという問題がほとんど。

そのため、直接的には出題されなくても間接的に基礎が重要となる!

 

ではどのような勉強をすればよいか。

高1のキミは、まず教科書レベルを完璧にやろう

教科書レベルは、いわば高校数学の基本中の基本。それぞれの分野で確実に理解しているのか確認しながら進めていこう!理解しているのか判断するのにおすすめは、友人や両親に解法を説明できること。解法で不明点があれば、説明も明確にできないことが多い。人に説明できるレベルで理解していることを確認して、進めていこう!

 

また、数学を特に得点源としていきたいというキミ。そんなキミは数研出版から出ているチャート式をやってみると良い。難易度別に「白・黄・青・赤」の4種類があり、長年受験生に愛されている名著だ。教科書が物足りないキミには最適だろう!

数学の勉強に失敗しないために

ここでも注意すべきは、分からない問題をそのままにしないことだ!

数学は分野が分かれているようにみえて実は繋がっている。数1Aで使った知識を数2Bで使用することが多々ある。これが難関大受験となるとその傾向はもっと増すんだ。複雑に入り組んだ公式を用いて解法を導き出す数学では、1つの分野も分からないままにしてはならない!

分からないことを恥ずかしがらず、1つ参考書のランクを落としてでも確実に理解していこう!

高1の勉強によって、受験の結果が変わる!

高校受験が終わり、夢にみた高校生活を送っているキミ。高1は部活に遊びに楽しいことが多いだろう。

しかし、難関大を目指すキミにとってはそれだけではダメだ!この時期から勉強をしないと、大学受験の時に泣くことになるぞ!遊ぶときは遊んで、勉強をするときは勉強に集中する。メリハリのある高校生活を送ってほしい。そうすれば、大学受験もうまくいくだろう!

 

>参考書

参考書

参考書が世の中に多すぎて自分に合うものが分からない。そんな悩みを一から解決!志望校を合格するために必要な参考書、志望校合格者の利用していた参考書など、具体的に紹介していく。

CTR IMG